【骨盤矯正】についてのご質問


Q 腰椎椎間板ヘルニアですが、

  施術できますか?

A 可能ですが、

  必ず施術者に病名と現在のからだの

  状態をお伝えください。

  基本的に痛いところをむりやり

  揉んだりはしません。

 

  優しい手の施術の目的は、

  あくまで

  「からだを楽にする」ことです。

  病気を治すことではありません。

  ただ、痛みを痛いままにすることで、

  さらに症状を悪化させることも

  ありますので、

  少しでも生活を楽にすることを

  一緒に考えましょう。

  脊柱管狭窄症、

  すべり症、

  などなど、病院で診断された場合は、

  同様に考えてください。

 

Q 妊娠後期で、腰が痛いのですが、

  施術は可能ですか?

A うつ伏せになれませんので、

  ベッドに横向きに寝た状態で、

  施術します。

 

  骨盤矯正はできません。

 

  腰痛を緩和することが目的です。

 

 

Q 出産後、違和感が取れないのですが。

A 出産後の骨盤矯正は、

  3か月~6か月ぐらいが最適と

  いわれます。

  もちろんそれが過ぎても、

  矯正は可能です。

  出産後のケアの問題点は、

  開いた骨盤をいかにして

  締めるか、です。

  優しい手の骨盤矯正は、左右の歪みを

  修正することで、

  締めるのはご自身の筋肉の力です。

  ですので、産後の女性には、

  必ず自分でできる骨盤ケアの方法を

 

  お伝えしています。

  「産後○○か月です」

  と施術者にお伝えください。

  赤ちゃんをお連れいただいて、

  そばに寝かせていただくくことも

  可能です。

 

※ わからないことや不安なことは、

  ご遠慮なくお問い合わせください。

  ⇒ お問合せ・ご予約