骨盤矯正

こんな症状のあるかたは、骨盤に歪みがありそうです。

腰かけるとき、足を組みたくなる。

左右どちらかの股関節周辺に

 違和感がある。

左右の肩の高さが違う。

左右の靴の減りが違う。

姿勢が悪いとよくいわれる。

 

 

左右、どちらか片方だけ腰痛である。

夜寝るときは、一定の方向に横向きで寝る。

正座はつらいので一定の方向に横座りしている。

出産後、腰の調子が悪い。

下着の肩ひもがどちらか一方だけずれ落ちる。

座っている作業が多い。

最近運動不足である。

最近病気やけがで安静にしていた。

猫背である。

 

あぐらで座ると、

 片方の開きが悪い。

 

片方の歯だけで噛んでいる。

このような心当たりのある方は、

一度確認してみましょう。

うつ伏せになって、

かかとの位置を比べるとわかります。

心配な方は施術室優しい手へ

いらしてください。

ずれているかどうかは、

数秒でわかります。

ご希望でしたらその場で、

最短15分程度で修正します。

部分コース「背~腰」のところで

骨盤矯正をします。

本当は足を(30分)揉んだ後の方が

体が柔らかくなって楽ですよ。


施術室優しい手の骨盤矯正は、

「背中~腰」というメニューで

対応しています。

ベッドにうつ伏せになって、

(衣服を着たままの施術です)

タオルケットをかけた上から、

体の後ろ側全体をもみます。

実際には、

首の後~ふくらはぎの後の範囲です。

うしろ側全体を気持ちよくほぐす中で、

もし骨盤がずれていたら、

その場で矯正します、

ということです。

骨盤の左右のゆがみを調整するのが

骨盤矯正の目的です。

骨盤の歪みは、筋肉の使い方の

問題ですので、

まずは全体的に筋肉をほぐします。

筋肉の偏りを修正したうえで、

ほんの少し骨格に働きかけるのが、

優しい手の骨盤矯正の特徴です。

 

 

骨盤矯正というと、

骨をバキバキ言わせるイメージが

あるかもしれませんが、

そういうことはしません。

ほとんどのお客様は、

気持ちよくおやすみになっています。

股関節に異状のある方や、

かなり重症の歪みでなければ、

その場で確実に矯正できます。

ただし、どなたも姿勢の癖が

ありますので、それが直るまでは、

ふたたびゆがむことが多く、

時々おいでいただいて

矯正する必要があります。

骨盤矯正をすると、

坐骨神経痛

(片側のお尻からももにかけての

痛みやしびれ)

は、かなり改善します。

 

筋肉が落ちている方は、

矯正した状態をキープするのが

むずかしく、

その場合は、筋トレの方法も

合わせてご指導させていただきます。



よくある質問

Q 腰椎椎間板ヘルニアですが、

  施術できますか?

A 可能ですが、

  必ず施術者に病名と現在のからだの

  状態をお伝えください。

  基本的に痛いところをむりやり

  揉んだりはしません。

  優しい手の施術の目的は、

  あくまで

  「からだを楽にする」ことです。

  病気を治すことではありません。

  ただ、痛みを痛いままにすることで、

  さらに症状を悪化させることも

  ありますので、

  少しでも生活を楽にすることを

  一緒に考えましょう。

  脊柱管狭窄症、

  すべり症、

  などなど、病院で診断された場合は、

  同様に考えてください。

 

Q 妊娠後期で、腰が痛いのですが、

  施術は可能ですか?

A うつ伏せになれませんので、

  ベッドに横向きに寝た状態で、

  施術します。

  骨盤矯正はできません。

  腰痛を緩和することが目的です。

 

Q 出産後、違和感が取れないのですが。

A 出産後の骨盤矯正は、

  3か月~6か月ぐらいが最適と

  いわれます。

  もちろんそれが過ぎても、

  矯正は可能です。

  出産後のケアの問題点は、

  開いた骨盤をいかにして

  締めるか、です。

  優しい手の骨盤矯正は、左右の歪みを

  修正することで、

  締めるのはご自身の筋肉の力です。

  ですので、産後の女性には、

  必ず自分でできる骨盤ケアの方法を

  お伝えしています。

  「産後○○か月です」

  と施術者にお伝えください。

  赤ちゃんをお連れいただいて、

  そばに寝かせていただくくことも

  可能です。

 

※ わからないことや不安なことは、

  ご遠慮なくお問い合わせください。

  ⇒ お問合せ・ご予約